<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

グループホーム なんてん水の森公園

今日は敬老の日も間際ということで、

「グループホーム なんてん水の森公園」

の敬老会でステージを行って参りました。
車で行ったのですが、道も分かりやすく、駐車場も広くってとっても有り難かったです。
私は普段青年文化センターで練習しているのですが、そこから車で10分もかからないくらい。
14時から30分間のステージで、
5個お手玉、クラブ、ディアボロ、簡単な手品、お話リング、簡単なバルーンアート、デビルスティック
の計7種目でした。
お客さまはホームの利用者の方が18人とスタッフの方や利用者の家族の方が10人弱といったところ。
ステージジャグリングというよりはサロンジャグリングですね。
これくらいの人数ですとお客さまお一人お一人の目を見ながら話ができます。
それに、マイクが必要ないのも有り難いんですよ。
なんだかんだ言って邪魔にはなりますからね、あれ。

一人で30分演技するのは初めてでしたので、とても緊張していたのですが、
いざ始まってみると、お客さまがとっても盛り上げて下さって…。
アンコールにお応えしたりアドリブを入れている内に、気が付くと結局40分近く経っていました。
今日はジャグボーイズのステージ以外には
利用者のご家族の盆踊り、記念品の贈呈くらいでしたから、
時間を越えて演技してしまってもあまり迷惑がかからなくて良かったです。

普通デビルスティックといいますと結構地味なジャグリングなんですけどね。
今日はこのデビルスティックでとっても喜んで頂けて。
棒が浮いたり回ったりするたびに大きな歓声が上がりまして。
大道芸人がホームを訪れるのは初めてということで、
物珍しさもあったんでしょうね。
とっても楽しく演技させて頂けました。

また機会があれば是非伺いたいものです。

お話を下さった、ホゴノさん、M澤さん、本当にありがとうございました。


M澤さんから写真や動画をたくさん送って頂きました。
その一部を掲載します。
M澤さん、本当にありがとうございました!

c0128734_20585177.jpg

お客さまに皿回しをして頂く直前です








c0128734_20591158.jpg

利用者のご家族の方にも
お手伝い頂きました
[PR]

by jug-boys | 2007-09-16 22:48  

沼津夏祭り

今日はジャグボーイズの友人のマジシャンが二人、石巻の沼津という町のお祭りに出演してきました。
名前を便宜上リッキィとタッキィとしましょうか。
インタヴュー形式のレポートになります。

それでは、タッキィに話を聞いてみましょう。

Q:「今日の依頼はいかがでしたか?」
A:「今日の依頼は、みんな優しい人たちばかりで楽しく演技することができましたね」

Q:「リッキィはタッキィよりも一つ年下ですが、リッキィの演技はどうでしたか?」
A:「リッキィは若さ溢れる演技で、お客さんにも楽しんで頂けているようでしたよ」

タッキィはクロースアップマジック、リッキィはステージマジックを得意としていますので、
得意分野が分かれていて、コンビが組みやすいんですね。
一般的に屋外で手品を演じるのは難しいと言われていますが、まぁ出来ない訳ではないんです。

リッキィにもインタヴューしてみましょうか。

Q:「今日の依頼はいかがでしたか?」
A:「お客さんがたくさんいらして下さっていたのでとっても嬉しかったのですが、
   さすがに手品を真横からご覧頂くと怖いものがありましたね(笑)
   こういう状態を『角度がきつい』と言います」

Q:「タッキィはリッキィよりも一つ年上ですが、タッキィの演技はどうでしたか?」
A:「タッキィさんはお客さんと一緒にロープマジックを演じたのですが、
  途中でお手伝い頂いたお子さんがステージから帰ってしまわれたんですね。
  あのときのタッキィさんの表情といったら(笑)」

はい、ありがとうございました。
ジャグボーイズで手品の依頼を頂くと、この二人にお話を持って行くことになります。
いつも仕事を回して貰ってばかりですから、いつかはこちらから持って行きたいものです。

それでは、今日はこの辺で。ではでは~。
[PR]

by jug-boys | 2007-09-08 23:28  

天童高校文化祭

9月1日に天童高校の文化祭に出演してきました。

こちらは正確にはジャグボーイズで頂いた依頼ではないのですが、
リスキィとラッキィが出演していますので、活動履歴にも含めています。

まぁ名前から分かる通り山形県の天童市にある高校なんですが、
仙台市内からは車で1時間ちょっと、距離は65キロほどと結構近いんです。
48号線をずっと西へ行くともう天童です。

今回は45分間のステージ。演目は手品が多めでジャグリングは少なめでした。
プロダクションマジック、リンキングリング、ビリヤードボール、ロープマジック、イリュージョン、
それからデビルスティックに複数の道具を使ったジャグリングショー。

体育館でステージを行ったのですが、この日最初の演技でしたから、
最初はお客さんがあまりいらっしゃらなくて。
実行委員の皆さんが一生懸命お客さんを呼び込んで下さっているのを見ながら、
お客さんは20人ほどのがらがらの状態でスタート。
お客さんを楽しませるために我々は呼ばれているわけですから、
このまま最後まで行くとちょっと申し訳ないなぁと思っていたのですが、
演技が進むにつれて少しずつお客さんも集まって下さり、最終的には100人ほどになりました。
「お、何かやってるな」といった感じで集まって下さったんでしょうね。
そういう意味でも今回のステージが45分間で良かった。
途中で入ったお客さんもそこそこの時間、楽しめますからね。
評判は上々。
「また来年も」という言葉は実際仕事が頂けるかどうかを別にしても嬉しいお言葉です。

ステージのあとは文化祭を観て回りました。
美術部の作品が凄かった。とても高校生が描いたものとは思えません。
油絵なんですが、モチーフが一緒でも絵ごとに雰囲気が全然違っていて(当たり前か)。
牛骨をモチーフにした絵が多かったのですが、牛骨なんてどこで手に入るんでしょう・・・。
その部屋には私たちのステージを観て下さった方々がいらして、
ウチのリッキィにステージの感想などをお話して下さいました。
リッキィがクロースアップマジック(※)をお見せしながら会話していると、
なにやら仕事が頂けそうな雰囲気。
まだはっきりしませんが、仕事で出向いた先で次の仕事が頂けると嬉しいものです。
私たちのステージを観た上で、もう一度見たいと仕事を下さるんですからね。

ボランティア系の部活の出し物ではバルーンアート(風船細工)が飾られていました。
私ラッキィも少々かじったことがあるんですが、部員さんの方が明らかに上手でした。
いやぁ、練習しないとなぁ。

他にも定番のお化け屋敷から金魚すくい、射的にお菓子つりと出し物がいっぱいありましたね。
金魚すくいって貰った金魚をどうしようって思うことが結構あるんですが、
こちらではそういったことにも配慮されてて。すくった金魚は飴と交換できるそうです。
すっごく助かるんですが、あの金魚をどうしようって思うのも醍醐味だったりして。
ちょっと寂しいような気もしましたね。
そういえば我が家では7,8年前にどこかのお祭りで金魚すくいで貰った金魚を飼っていまして。
未だに元気に泳いでます。金魚って生命力あるんですねぇ。

校舎の外では食べ物の屋台がたくさん。
カキ氷に宇治金時味があるのが面白かったです。
美味しかったですし。まる。


※クロースアップマジック・・・お客さんの目の前で演じる手品。トランプやコインを使うものが多い。最近テレビでよく扱われるのはこれ。
他に音響や照明の効果を用いて多数のお客さんから見えるように演じるのが「ステージマジック」、レストランやバーくらいのスペースで演じるのが「サロンマジック」。
区分けにはあまり意味はないが、それぞれのジャンルで向き不向きのある手品もある。
[PR]

by jug-boys | 2007-09-04 11:01